子供の病気の特徴は進行が早いということ

スポンサードリンク

子供病気になってしまうと大人(成人)に比べて、病状の進行が早いという特徴が見られます。
また、発病するにしても急に発病してしまうという特徴もあります。
これは子供は体の発達の状態が未熟ということや免疫力大人(成人)に比べ
十分ではないことによります。

親が絶えず子供の健康状態には気をつけて注意しておく必要が常にあります。
子供
に少しでも何かおかしいと異常を感じるようなら病院へは早め早めに連れて行くようにしてください。
病院での検診等
を利用し、子供の病気早期発見をしていくようにしましょう。

ですので、定期検診は必ず行くようにしてください。
本人が気がついていない病気の早期発見ができれば手遅れになるということも防ぐことができるでしょう。

また、親の最低限の努めとして最新の医療情報にも気配りがあると安心ではないでしょうか。
例えば子供の病気予防に、各種の予防接種がありますよね。
予防接種
の中で、日本脳炎は平成17年に厚生労働省から予防接種を差し控えるよう
勧告が出されているというのをご存知でしょうか。

理由は中枢神経症状を起こす事例があり、この症状呼吸困難に陥ってしまうほどの
重い中枢神経症状だからなのです。

子供にも増えている生活習慣病

糖尿病高血圧などは、一昔前までは「大人の病気」といわれてこのような病気にかかるのは
実際に大人が圧倒的多数を占めていました。
しかし、糖尿病高血圧以外にも、心筋梗塞高脂血症といったものにまで子供
かかってしまうケースが増えているのが現代社会です。

これらの病気にかかると「小児成人病」とか「小児生活習慣病」と呼ばれています。

このような大人の病気であったものに子供がかかる原因は、第一に「高カロリー食」の取り過ぎが
挙げられます。理由としては外食が多くなってきているとの要因があるようです。

それと「高カロリー食」は「高脂肪食」である場合がほとんどです。
この高脂肪も「小児生活習慣病」などの要因の一つです。
また、食事だけではなく運動不足も「小児成人病」などの要因の一つになります。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

子供も急増の胃潰瘍

近ごろ子供胃潰瘍などの病気にかかってしまうケースが増えているとのことですね。胃潰瘍などは
ストレスが原因ですが、子供
胃潰瘍などになる原因もやはり
受験勉強などによる ストレスが多いそうです。子供の胃潰瘍は急激に広がるという特徴をもった病気ですので、塾やお稽古事などで時間を追い立てられるような生活をしている子供は要注意ですよ。
急な腹痛を言ってきたら胃潰瘍などの可能性もありますので本当に注意してください。